THIS IS 脱毛<脱毛エステ入門>

THIS IS 脱毛<脱毛エステ入門>

当サイトでは様々な脱毛についての情報をご案内しています。
まずは「THIS IS 脱毛<脱毛エステ入門>」をお気に入り登録しておくと便利です。

 

身体の悩みというのは誰もが持っているもので、中でもムダ毛の悩みは頭を抱えてしまうことでしょう。
ムダ毛の場合、洋服などで隠そうとしても夏場などには薄着や水着になったりするので脱毛が必要なのです。

 

「家庭用脱毛器で肌が傷ついてしまった」ということで、結局脱毛を諦めてしまった人もいるかと思います。
しかし今では安心して脱毛をすることの出来る家庭用脱毛器が多くあります。
最近では欧米文化が日本に浸透してきており、アンダーヘアの脱毛も日本人女性の間で流行しています。
恥ずかしいと思われる女性も多いですが、アンダーヘアの脱毛というのは当たり前のものとなってきているのです。

 
 
社会人サークルの優良サイト
http://www.earith.co.jp/




THIS IS 脱毛<脱毛エステ入門>ブログ:2015年07月04日
減量に成功して
目標の体重に到達すれば、嬉しい限りですが…

目標体重に到達したからといって、
元通りの食べる事に戻してしまえば、
おそらく確実に体重は増えてしまうでしょう。

逆に、今までの減量生活を続けていけば、
自分の理想としている体型よりも細くなってしまいます。

なので、減量は
目標点に到達したあとが「厄介」なんですよね!

よく「リバウンド」という言葉を耳にします。

痩せたことに安心して、
元通りの食べる事に戻したら、
結果体重が増えてしまったというやつですね。

減量した直後というのは、
不安定な状態となっています。

ですから、ご飯を食べすぎると
すぐに体重にあらわれてしまいます。

リバウンド対策として、
わたしが実践しているのは
「こまめに体重計に乗る」ことです。

コンスタントに体重計に乗ることによって、
自分の体重の増減を理解することができます。

たとえ体重が増えたといっても
こまめにのっていれば、大した増量ではないはず。

ですからリカバーしようと思えば、
容易に取り返すことができる体重の増え方なんですよね。

だいたい、
リバウンドの恐怖というのは
一ヶ月程度続くのが一般的です。

一ヶ月を過ぎて、理想の体重をキープすることができれば、
おそらく元通りの食べる事に戻しても
問題はないでしょう。

というのも、
自分の体が初期化を果たすからです。

そして情報の再入力を行い、
今の理想的な体重の状態を
「通常」という風に認識をするからです。

このように減量というのは
ただ単に体重を減らすことだけが目的ではありません。

減らした体重の状態を、
いかに長いことキープし続けるかが、
減量のカギになってくるのです。

明日はいい日だ。がんばろ〜^^

 
THIS IS 脱毛<脱毛エステ入門> モバイルはこちら